太陽光発電の費用は

太陽光発電にかかる費用の内訳としては、4kwのシステムとして初期費用は、太陽光電池モジュール150万円、パワーコンディショナー20万円、設置架台20万円、PV設置工事20万円、PV電気工事15万円、モニター7万円、その他ケーブルや売電メーターなど5万円などで、合計237万円となります。
これはあくまで平均値で、業者の値引きは考慮されていません。
これ以外には、メーカーの自然災害補償料や工事の際に足場を建てる必要があればその費用なども発生してきます。
設置架台を取り付けるのに屋根の修繕が必要だったという例もあります。
さらに、維持費も考えておかなくてはなりません。
メーカー保証期間内の修理コストはそんなにはかからないでしょうが、一番かかるのがパワーコンディショナーです。
パワーコンディショナーの寿命は10年~15年と言われています。
修理だけで済めばいいですが取り替えとなると20万円以上かかります。
また、売電メーターも計量法によって10年で交換することが義務づけられています。
さらに、太陽光パネル自体にも故障や不具合で交換が発生する可能性もあります。
太陽光パネルの不具合は一般家庭では気付きにくい箇所です。
電力がまったく発生しなくなったら誰でも気がつきますが、多少の電力量が下がったぐらいでは分からないからです。
そこで、メーカーや設置業者でも定期的なメンテナンスの必要性を周知していこうという動きがあります。
そうすると、定期的メンテナンスの費用が発生してくることになります。
補助金制度についてですが、日本は地球温暖化防止対策として太陽光発電システム強化を政策として掲げ、一般家庭用太陽光発電にも補助金を交付しています。
実際は一般社団法人太陽光発電協会太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)によって運営され、所定の申請書を使って申し込むようになっています。
この補助金ですが、補助金もまとめて見積書を作ってくれる業者があります。
そういう業者に依頼すると手間が省けます。